アニマギアDE 話題のミニプラモを元ガンプラビルダーが組んでみた感想レビュー

2021年8月28日土曜日

プラモデル ホビー 食玩

t f B! P L
アニマギアDE01
皆さんはアニマギアというものを知っていますか?
食玩プラモとしては高い評価得ている製品で、その新シリーズが最近(2021年8月下旬)にて発売になったと話題になっていました。

偶然スーパーで見かけたので、元ガンプラビルダーとしてはどんなものかと気になったので、今回購入して記事にまとめて見ることにしました。

アニマギアDEの良いところ


一部パーツは塗装されている

500円以下で購入可能という、非常にお安い価格設定ながら、一部のパーツはある程度塗装済みとなっています。

500円プラモで成型色ではなく塗装で表現とは、非常にすごい点だと思います。その塗装も結構キレイに塗られているので、不満に思うこと点もありません。

色分けはそれなりに頑張っている

一部の塗装を除けば、色分けは2色のランナーとブラッドステッカーで成り立っています。

最近のガンプラの色分けと比べると大したことないかもしれませんが、500円しないミニプラモでこれだけしっかり色分けできるなら十分頑張っていると思います。

可動域は基本的には広め

全種類がそうとは言い切れませんが、アニマギアDEは結構可動域が広いです。
ボーンフレームと呼ばれる内部の骨組みには、ボールジョイントが多く採用されているので、いろいろなポーズをつけることが可能です。

また、多少無理なポーズを取っても自立させる事ができるように、腰部分に装着できるミニスタンドまで付属してきます。

合わせ目消しは殆どしなくてもよい

構造的に合わせ目が目立たない仕様になっているので、接着剤を塗ってデザインナイフで削ってという作業が殆ど必要ありません。

後述の組み換え遊びの絡みもありますので、基本的に接着剤の使用は非推奨と考えてもらって問題ありません。

組み換え遊びも可能

各パーツを取り外して、組み換え遊びもできるようになっています。
通常の組み立てでは使用しない余剰のジョイントパーツもついてくるので、組み換えや合体遊びの幅が広がります。

環境にも気を使っている

この商品は箱と説明書が一体になっています。外箱を切り取り線にしたがって切っていくと、裏面がそのまま説明書になっているのです。

紙の消費を押さえつつ、コストカットも行っているので非常に頭のよい構造になっていると思います。

アニマギアDEの悪いところ


タッチゲート方式の問題

アニマギアDEのパーツは、全てタッチゲートによりランナーと繋がっています。
タッチゲートはニッパー無しで、パーツを手でもぎ取れる初心者に優しい仕様になっています。

しかし、アニマギアDEを実際に組んで見るとわかりますが、このタッチゲートがかなり固くて外しにくいパーツがいくつもありました。
タッチゲートのプラモはアニマギアDEしか組んだ事がないので、もしかしたら他のもこんな感じかもしれませんが、大人の手でもここまで硬いというのはちょっと子供向けのプラモとしてはどうかなと思いました。

また、タッチゲートはゲートとパーツが密着している関係で、キレイに切り離すのが難しいという問題も抱えています。
ランナーごと切り抜いて、そこからデザインナイフで切り出せば多少マシにはなりますが、それでもグラついて白化したりするので、実は中級者泣かせな仕様だったりします。

最終的には白化部分に軽く塗料を塗って誤魔化すか、全塗装してしまったほうが早い処理方法かなと。

塗装されたパーツのゲート処理が雑

最初から塗装されたパーツなど、一部パーツは最初からランナーから切り離された状態で入っています。

それ自体は良いことなのですが、ゲート処理が雑で思いっきり白化していたり、パーツ自体が抉れているものがあります。

その箇所が目立つ位置にあったりすると、なかなかがっかりします。

パーツが細かい

ミニプラも故にサイズが小さく、パーツも結構細かいです。そんな細かいパーツでありながら、硬いボールジョイントにはめ込む作業があり、これがなかなか大変です。
硬い上にサイズも小さいのでなかなか嵌ってくれないのがとにかくキツイ。

合体遊び向けのジョイントパーツも非常に小さいので、素手ではめ込むのはなかなか大変でした。その小ささ故、子供が無くしやすそうというのも減点ポイントかなと思います。

一部パーツがわかりにくい

スタンドや穴隠しのパーツもありますが、これらは説明書にも記載がありません。
子供だと気づかずにポイしてしまう危険性がありますので、ちゃんと記述して欲しいと思いました。

まとめ

良い点
  • 一部塗装してくれている
  • 色分けも十分
  • 広い可動範囲
  • 合わせ目がほぼ気にならない
  • 組み換え合体遊び可能
  • 環境への配慮
悪い点
  • タッチゲートの問題
  • 切り離してあるパーツのゲート処理が雑
  • パーツが細かく硬い
  • 一部パーツがわかりにくい
総合評価:★★★★☆
不満点もいろいろ書きましたが、元ガンプラビルダーとしての意見がおり混ざっていて、比較対象がHGUCやMGガンプラ、値段が2000円から10000円のものなんですよね。

500円しないミニプラモでしっかりとポーズ決められたり、組み換え合体遊びもできて、合わせ目消しを意識しないで良いパーツ構成になっている点は非常にすごい点です。

対象年齢8歳以上にしては、少々細かいパーツが多い気もしますがそこはご愛嬌。暇つぶしに組んでも楽しいし、本気で組んでも結構楽しめる良キットだと思いました。

アニマギアDE01 Box売り
アニマギアDE01の箱売り、全種が2個ずつ入っています。最寄りのスーパーやコンビニにないならこれを買うしか無い。

プロフィール


CheapCat3
不定期更新の雑記ブログです。
内容的にはアニメ、漫画、小説、ゲーム、特撮などのサブカル分野が多いと思います。
Twitterのフォローをしていただけると嬉しいです。



このブログを検索

姉妹ブログ

毎週月水金19時更新のガジェットブログです。こちらもよろしくお願いします。

格安ガジェットブログ

有線イヤホンを中心としたオーディオ系ブログです。準備中で現在アクセス不能です。

イヤホンバプテスマ

参加ランキング・RSS

follow us in feedly

QooQ